芸能・アイドル

2012年3月23日 (金)

舞台『ラ・パティスリー』鑑賞

3月22日、金沢の北國新聞赤羽ホールにて舞台「ラ・パティスリー」の千秋楽がめでたく公演されました。
高橋愛ちゃんが出演する舞台として聞いてはいたのですが、まさか金沢で公演してくれるとは思わなくてこれを知ったときは感激しました。
僕はハロプロのコンサートの為に他県へ遠征したりしますが、地元の会場で大好きな有名人を見られるという幸福感は絶大でした。
愛ちゃんも出身地の北陸で公演できることが嬉しいみたいでよかったです。

舞台はテレビドラマのような激しい展開はなくあたたかいムードで過ぎていきます。
悪い意味で捉えられそうですが、これが良かったのです。
舞台が醸し出すあたたかさのおかげか物語に入りやすくて、すごく心地よかったです。
観劇後はほっこりとさせられました。

僕は1回5列目の下手側で観劇してました。
舞台とは3mもないくらいの距離でかなり恵まれた席だったのですが、ところどころ役者さんの表情が見えなかったりして、
中央で観たかったなぁという欲が湧いたり。
でも舞台って立体だから、そこがまた面白いんだと思う。

僕の視界に愛ちゃんが入ったとき、ちょっとした興奮状態になって舞台どころではなかったです。
テレビやネットで何年間も追い続けている人が3mの距離にいるなんて、想像できなかったから。
これまでにもモーニング娘。のコンサートで見たことはあったんですが、顔がしっかり認識できる距離ではなくて、ステージなのにテレビを見ているような?感覚だったんです。
いることは確かなんですけど、本当にいるのか?という疑わしさがまだあって・・・。
しばらく感慨に浸ってました。

愛ちゃんと井上君、村井君の3人が厨房で新作のケーキを協力して作るシーンがあるのですが、そこが画になるショットで印象的でした。

カーテンコールで井上君が挨拶していました。
稽古期間は短かったと思うけれど、この舞台に真摯に向き合っていたのが伝わって感動しました。
それは井上君だけじゃなくて、舞台に関わった方々もそうだと思います。

舞台そのものを鑑賞するのは今回がたぶん初めてで、
ラ・パティスリーのおかげで舞台ならではの面白さが発見できました。役者さんは生で演技をするので息遣いまで感じ取れてリアルなんです。病み付きになりそうでした。

Dscn0445

北國新聞赤羽ホール。2008年開館ということあって、中も外観もすごく綺麗でした。

Dscn0467

鑑賞後、記念にガチャガチャで缶バッチゲットしてきました!出演者全員分とロゴまであるみたいでw一回限りにしたところ、村井正大君でした。鑑賞後は誰でもいいかなーって思ってたので満足です。

ラ・パティスリーに関わった皆様おつかれさまでした。良い舞台でした、ありがとう。

2010年12月28日 (火)

9期オーディション

先日の美女学でモーニング娘。の9期オーディションの模様が放送された。

5人が最終審査まで残ってるようで、来月2日のハロコン初日に合格者発表するそうだ。

最終審査に残った候補者たちだが、おとなしそうな子ばかりというのが率直な感想。

絵理、ジュンジュン、リンリンが抜けたからムードメーカーになれる子はほしいよね。

一人すごく期待できる子がいて、笑顔がすごく印象的だった。

鈴木香音ちゃんっていうんだけど、演技審査で笑ってみてって指示が出るもこの子だけはわざとらしい印象がなかった。

それから3次の特技披露で一人コントをやっちゃうくらい陽気な子でもある。

なかなかできないよねwつんくもそのガッツを褒めてたしこの子は受かるんじゃないかな。

あと一人注目してるのが生田衣梨奈ちゃんっていう都会的な風貌の子。

長身で、色白で、顔も綺麗で、洗練されてる。単純に好きなタイプなんだけど、

この子が加わるとグループの華やかさが増すから、入ってほしいと思った。

放送見ての感想はこんなところ。

まだ合否は決まってないし、人となりがわからないからこのくらいで。

1月2日楽しみです。

2010年12月16日 (木)

モーニング娘。は宇宙一のアイドルグループ

絵里、ジュンジュン、リンリン、卒業おめでとう。

今まで本当におつかれさまでした。

愛ちゃんが言っていたように、絵里がその道を決めたなら僕もそうしてほしい。

ジュンジュン、リンリンの今後の活動には注目していくし応援していきたい。

3人がモーニング娘。で輝いていたことは絶対に忘れないよ。

断言するから。

メンバーが卒業することは当然悲しいし、寂しいんだけど

モーニング娘。はこのシステムを繰り返して成長してきたグループだから

僕は前向きに捉えたい。

今はそう思える。

それから、あの8人でまた横浜アリーナという大舞台に立てたことが、素晴らしいよ。

感動したし、すごく励みになったよ。

これは本当だよ。

これからもモーニング娘。を見守っていきたいです。

2010年12月 8日 (水)

ハロプロ楽曲大賞2010

【投票内容】

1位 モーニング娘。 愛されすぎることはないのよ 3pt

切なくて、哀しげな世界観に魅了された。
れいなの絞り出すように歌い上げるBメロは本当に切ない。
そこから一気に駆け抜けるサビがかっこよくて、各メンのソロパートはエネルギッシュで圧巻。
振りも印象的で、かっこいい。

2位 モーニング娘。 涙ッチ 2.5pt

春、秋と2ツアー連続でラスト曲になったから、とても印象深い。
サビの高揚感がとってもハマる。
ライブでのメンバーの熱唱には魂が揺さぶられた。
8人体制の象徴となる曲だと思う。

3位 モーニング娘。 友 2pt

一度聴いただけではあまり印象に残らないと思う。
自分も初めて聴いたときは地味な曲というのが率直な感想だった。
でも聴けば聴くほど力強いメッセージが伝わってくる。
今の8人を重ね合わせて聴くと涙が止まらない。

4位 モーニング娘。 元気ピカッピカッ! 1.5pt

タイトル通り、聴く人を元気にさせる魔法の曲。
特に落ち込んでいるときはこの曲がとても励みになる。
小さいことで悩んでいるのが馬鹿らしくなったり。

5位 モーニング娘。 大阪美味いねん 1pt

大阪の地名や名物満載の歌詞でつんくの大阪愛を感じる。
気を抜いて楽しみながら作ったんだろうな~と思った。
近畿圏の愛佳はともかくとして、ジュンジュン・リンリンに歌わせるっていう発想がトンデモ。
でも不思議とミスマッチ感はなくて、8期の朗らかで柔らかい雰囲気に合っていると思う。
ちょっとバカっぽくて、でもテンションが上がるこの曲が好き。

以上、

モーニング娘。楽曲大賞2010の投票内容でしたっ!

2010年11月29日 (月)

楽曲大賞 アイドル部門

毎年この季節になるとハロプロ楽曲大賞のノミネート曲が発表されて、
一年を振り返るとともにどの曲に投票しようか、とワクワクします。
今年はアイドル楽曲部門が新設されて一足先に投票が始まってます。

時間ぎりぎりになりましたが投票してきました。
選考理由は時間あるときに書き足します。

【投票内容】
1位 ももいろクローバー 走れ! 3pt

2位 少女時代 Gee 3pt

3位 AKB48 ポニーテールとシュシュ 2pt

4位 ももいろクローバー 怪盗少女 1pt

5位 AKB48 マジすかロックンロール 1pt

2010年11月22日 (月)

愛され、CDイベ、バスツアー

娘。の新曲買ったけど「愛されすぎることはないのよ」ばかり聴いてる。
どうしようもない切なさを感じる世界観が好き。
れいなの切なく訴えるBメロから疾走感溢れる力強いサビの流れが最高。
メンバー全員に見せ場があるのもいいよね。
アレンジもかっこいい。
今年のハローで一番聴き応えある曲だと思うなぁ。

「女と男のララバイゲーム」発売記念イベの愛知1回目に応募した。
1枚だけでは当選厳しいだろうな。
何枚も買えるような予算ないから、、、
でもそれを言い訳にするのはなんかもどかしいんだよねぇ。
情熱が足りないんだろうな。
あの8人に会えるチャンスはこれが最後だから、当たってほしいな。

亀ジュンリンの名古屋バスツアーレポを読んでる。
名古屋近いし学校休んでも行くべきだったなぁ。
金は親からごまかしてさw
まぁごまかせるような金額じゃないんだけど、ほんとに行きたかった。
3人がライブで「Never Forget」を歌ったみたい。
涙を流しながら歌ったみたいで、それを思うとしんみりした。
卒業まで本当に残りわずかなんだと思い知った。
ライブでの一日一日を大事に過ごしてるって言葉も
今になって、意味が深くて、重いものだとわかった。
俺も一日一日を大事に過ごす。

2010年11月17日 (水)

ライバルサバイバル長岡昼公演

ちょっと落ち着いたので3日前の感想を。

11月14日にモーニング娘。コンサートツアー2010秋〜ライバルサバイバル〜を見てきた。
予算と時間の都合上昼公演しか見られなかったけど、終了後は
夜公演まで居座っていたい気分だった。
少し反省なんだけどもっと目に焼き付けておくべきだったなぁと。
集中力がないもので、ところどころ記憶が曖昧。
これからセットリスト順に振り返っていくけど、間違っていたらすみません。

舞台の暗転が明けてメンバーが例の軍服衣装で登場。
この衣装がめちゃくちゃかっこいいの。
5期が黒、6期が白で8期がカーキと色分けされていてどのバージョンも良い。
かっこいいのは衣装だけじゃなくてそこから展開するダンスも。
これがモーニング娘。なんだ・・・と衝撃を受けたね。
自分が思っていた以上のかっこよさを見せてくれました。
1曲目の「そうだ!We're ALIVE」が始まるんだけど
初日行かれた方のレポを見てウィアラと軍服?と違和感を持ったけど
実際見たらマッチしてた。

2曲目の「Hand made CITY」も聴き応えがあった。
最初の掛け合いはミキティーじゃなきゃ…ってずっと潜在的に思ってたんだけど
今回の絵理は迫力があってよかったなぁ。

「愛されすぎることはないのよ」
この曲はほんとにほんとうにかっこいいと思う。
壮大で華々しくて、洗練されてる。
自分の侘しい語彙と文章力ではうまく説明できないのが悔しい。
某所で初めて聴いたときこの曲が44thシングルだったらいいのにと思いました。
この曲を歌番組で披露してかっこいい娘。を世間に見せ付けてほしいって。
でもその思いは淡く儚く崩れたね。
昨日シングルが発売されたけど、この曲はCD音源よりもライブのが断然良い。
ライブではメンバーが全力で熱唱していてそれが胸に迫る…。
曲だけじゃなく振りも素敵でサビの「youがyouがyouが」の前方を指差す部分が印象的。
この曲についてはまた今度語りたいな。

「ラヴ&ピィ〜ス! HEROがやって来たっ。」
この曲は鉄板だな〜。盛り上がる。
メンバーひとりずつの「大好きよ超大好きよ」がいちいち萌える。
この演出良いです。
「友」
ずっと仲間だろ。
歌詞と今の8人を重ね合わせて聴いてたらじーんときた。
間奏で8人が手を合わせるんだけどそれがスクリーンに映されて更にじーんときた。
この8人は本当に最高だと感じた瞬間でした。
「女と男のララバイゲーム」
愛ちゃんのタメは6秒くらいだったかな?今回は短かったみたい。
「涙ッチ」
涙ッチになりました…。
会場が一体になったのを感じたね。

なんか色々端折ってすみません。特に印象に残ったことを書きました。
MC部分はまた別の記事に書こうと思う。

2010年10月11日 (月)

娘。の新曲

今日のライバルサバイバル中野公演で
44thシングル「女と男のララバイゲーム」が初披露されたそうです。
追加ではなくアンコール1回目のリゾナントブルーと差し替えなんだそう。
8人最後のリゾナントが聴きたかったから削られたのはショック。
で、その音源が動画サイトに上がっていたからちらっと聴いたんだけど、
ちょっと・・・これまたショックだよ。
これが亀ジュンリンの、現体制のラストシングルだなんて悲しすぎる。
まぁ、感想は新潟公演でちゃんと見て聴いてからにしよう。
その前にPVがアップフロントチャンネルにアップされるかな?
そのときにこの曲を好きになれるといいな。

2010年10月 7日 (木)

モーニング娘。はかっこいい

いまさらだけど
ピカッピカッライブDVDの「愛して愛して後一分」がかっこよすぎる!
この曲あんまり良い印象がなかったけどライブ映像で見ると
すげえかっこいい曲だって気付いたよ(生で見たかった)。
それぞれにソロパートがあってメンバーの魅力が存分に伝わってくる。
8期推しの自分にはAメロのリン→愛佳→ジュンの流れが最高に好きです。
さゆも長いパートあるけどちゃんと歌えてる〜。
で、歌詞に合わせた情熱的な振りもいい。フラメンコを意識してるよね。
真っ赤な薔薇?が咲くさまを表現している部分が好き。
2番に入る前のジュンジュンのその振りが艶めかしくて上手い。
んで、何より自分が一番かっこいいと感じたのは間奏の崩れる8人に照明が当たる演出。
ガキさんの熱唱で気分が最高潮なところをちょっぴりセンチにさせてくれる・・・メリハリが絶妙。
完全にやられました。小春が抜けて色々不安だったけどこの8人もいいじゃんって。
この曲に限らず全編通してそう思ったよ。
でもこの体制(カッコイイ路線)も今ツアーライバルサバイバルで幕を引きます。
ジュンジュンリンリンには本当に思い入れがあって、
彼女たちがモー娘。のことを更に好きにさせてくれた。
本当に感謝しています。
来月の新潟コンで大好きな娘。たちとかっこいいパフォーマンスに出会えるのが楽しみだ。
あぁ、待ち遠しい。

その他のカテゴリー